« 工具 | トップページ | パワステポンプのオーバーホール-その1- »

ブレーキマスターシリンダーのオーバーホール

121013a

以前からのブレーキの圧力が抜けるので、マスターシリンダーのオーバーホールをしました。

 

 

 

121013b

まずはリザーバータンクからブレーキフルードを抜きます。

このオイルはエアー抜きで再利用します。

 

 

 

121013c

で、あっという間に摘出。

ブースター側のガスケットがボロボロになっておりました。

 

 

 

121013d

スナップリングを外すと2コのピストンが出てきます。

スナップリングはラジオペンチで外せました。

 

 

 

121013e

シリンダーの中はキレイに見えますね。

アルミ製です。

 

 

 

121013f

これがオーバーホールキットです。

このセットで6000円程です。

 

 

 

121013g

組みなおす前に洗浄。

キレイになったかな。

問題は中身なんですけどね。

 

 

 

121013h

これがNo.2ピストン。

組む時に奥になり、車体の前側になるピストンです。

左が新品です。

ゴムの部分にあまり変化がありません。

 

 

 

121013i

こちらがNo.1ピストン。

組む時に手前になります。

これも左が新品です。

古い方は下のゴムの部分が痩せてます。

 

 

 

121013j

銅ワッシャーも新品に。

 

 

 

121013k

ピストンを押し込んでスナップリングをするのにコツが要りますが、組み込み完了。

 

 

 

121013l

取り付けも無事終了です。

 

 

 

121013m

風が強かったので虎の巻を窓の内側に貼り付けて作業をしておりました。

 

 

 

121013n

あとは一心不乱にエアー抜き。

・・・・・が、様子が変。

いくら踏んでも圧力が戻りません。

というかオイルすら出てきません。

 

 

 

121013o

前側のブレーキラインにオイルが行ってない模様。

もう一度マスターシリンダーをバラしてみました。

すると、No.2ピストンが途中で引っ掛かって出てきません。

 

う~ん。非常に困った。

 

 

 

121013p

そこへ車跳さん登場。

まさに救いの神です。

 

ここからは一生懸命作業をしたので画像がありません。

エアーコンプレッサーを使ってピストンを摘出し、再度丁寧に組み込んで、地獄のエアー抜き。

車跳さん、本当にありがとうございました。

という訳で無事に直す事ができました。

 

で、そもそもの圧力抜けは・・・・・・直りませんでした。

後はブレーキブースターでしょうか。

これはその内に。

 

で、さらに作業が続きます。

 

 

 

« 工具 | トップページ | パワステポンプのオーバーホール-その1- »

ランクル80(修理)」カテゴリの記事

コメント

神が降臨してたんですね`;:゛;`(;゚;ж;゚; )ブフォォ!!

どこかのブログで見ましたが、ABSポンプにエアが咬むとディーラーでも大事らしいです・・・

ABS着いてましたっけ?^^;

>おと~まんさん

車跳さんに手伝って頂いて本当に助かりました。

私のラグジー系なハチマル君は戦闘仕様なのでABSなんぞは付いておりませんです(゚ー゚;

キャリーパー,ブレーキライン,マスターシリンダーとチェックしたので残るは負圧関係です。
でも予算が無いので来年ですね(;ω;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工具 | トップページ | パワステポンプのオーバーホール-その1- »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ